子どもの学費はにしても、生活にかかるお金にしても一人の子どもに1000万円ほどかかってしまう様です。

高校まではなんとかできる子どもの学費ですが、進学すると年間で100万円から200万円ほどかかってしまうので、ここで学費が払えない親が増加しています。

学費は親が出すのが当たり前と考えがちですが、前もって貯蓄をしていない方は教育ローンの検討を視野に入れていきましょう。

そして何より、子どもが進学するにあたって強い意志があるか十分に話し合う事が必要です。

 

特に注意が必要なのが大学の指定校推薦。

 

万が一、指定校推薦で進学するつもりであって、もしかすると入学金が払えないかもしれない場合が少しでもあるならAOに切り替えた方が良いでしょう。

 

指定校推薦の合格は年をまたがずに合格が決定します。

 

合格するとすぐに入学金と学費を支払わなければなりません。ここで入学金を払えない場合、学校側にとってかなりのマイナスになってしまうので、子どもにとって嫌な思いをする事になるでしょう。

学費が払えず進学ができなかった事で、子どもはそれだけでダメージを受けますが、さらに学校側から攻められるのも子どもなのです。さらに重いストレスがかかる事になってしまいます。

 

無事に入学して学校に通いだしてから、学費が払えない状態になってしまう事があります。そうなる前に、学校の奨学金や国の教育ローンを考えておくのが良いかもしれません。

急いで銀行から学費を借りる場合かなり期間がかかるデメリットを承知の上で申し込みしてください。以前、銀行の教育ローンに申し込みした時は2週間位かかってしまいました。国はもっと遅いでしょう。

でも、何で学費ってあんなに高いんでしょうね?

たった10万円を工面できなくて退学や休学はつらいです。
e-10万円借りたい.xyz【2017】